脂性肌(オイリー肌)絶対に化粧崩れしない【メイク方法】おすすめ化粧品

脂性肌(オイリー肌)絶対に化粧崩れしない【メイク方法】 化粧品レビュー

脂性肌(オイリー肌)とは

脂性肌(オイリー肌)とは、油分や水分量が非常に多く、毛穴の開きや黒ずみが目立ち、化粧崩れやすいタイプの肌です。

詳しくは、こちらに書きましたので併せてお読み下さい。

脂性肌(オイリー肌)のメイク方法

小学生の頃から脂性肌(オイリー肌)に何十年も悩まされていた私ですが、脂性肌に効果的な化粧品を今まで色々と試してきました。

そんな中でも特に化粧崩れがしない効果ある方法のみご紹介します!

①メイク前に洗顔する

脂性肌(オイリー肌)の私は、夜しっかり洗顔したはずなのに翌朝には毛穴から皮脂が飛び出ている状態に…。

このまま適当に洗顔フォームを使っても、毛穴から飛び出た皮脂は取れません。

皮脂がある状態でメイクをすると、毛穴が目立ちますし、すぐに化粧崩れしてしまうんです。

なるべく化粧崩れさせないためにも、メイク前には酵素洗顔で余分な皮脂を落とし切る事が重要です。

酵素洗顔を初めて使った時は、洗い心地がサッパリでかなり驚きました。

ドラッグストアの安い洗顔フォームよりは値は張りますが、毛穴に詰まった皮脂が綺麗に落ちて化粧崩れがおきにくいなら、全然安い買い物です。

酵素洗顔も色々なメーカーのものを試してきましたが、一番良かったのは「suisai」の酵素洗顔です。

ドラッグストアには置いていない場合が多いので、私はいつもネットで購入しています。

そして、酵素洗顔では顔だけでなく耳も一緒に洗って下さい。

脂性肌(オイリー肌)の場合、耳や頭皮にも皮脂が溜まりやすいので放置していると顔のテカリに繋がり、結果化粧崩れになってしまうのです。

酵素洗顔が終わったあとは、たっぷりと保湿をした方が良いのですが、時間があればフェイスパックを10分ほど使って保湿するのがベストです!

②皮脂を包み込む化粧下地

suisaiの酵素洗顔で洗顔&保湿したあとの肌は、今まで経験した事がないような毛穴の綺麗さに驚くかと思います。

洗顔後はメイクをしていきますが、1番最初に使うのが皮脂を包み込む化粧下地「プリマヴィスタ」です。

プリマヴィスタは分泌する皮脂をしっかりと包み込むので、テカリや化粧崩れ防止の効果がかなり高いです!!

この化粧下地にももっと早く出会いたかったのですが、脂性肌の私には絶対に必要なのでかれこれ10年以上はリピートしています。

もう何十本目になるかな…笑

プリマヴィスタを使う前は、化粧をして一時間もしないうちに皮脂でファンデーションがヨレていき、アイラインやマスカラが溶けてました。

何度も何度もあぶら取り紙を使っては化粧直しをしなければならなくて、時間も手間もかかるし見た目もどんどん汚くなっていきました。

そこまで酷い脂性肌の私が、この化粧下地を使ってから化粧直しゼロで、1日中ファンデーションもヨレずにテカリしらずです。

脂性肌(オイリー肌)で悩んでいる方には、今すぐ買って欲しいと思いますが、超脂性肌の方は夏用プリマヴィスタ(黒)がおすすめです。

この黒いパッケージのプリマヴィスタは、夏場の暑い時期や超脂性肌の方向けに作られたもので、通常タイプに比べて更に皮脂を包み込む化粧下地です。

最初からこの黒プリマを顔全体に使っても良いですが、私は特にテカリが気になるTゾーンに黒プリマ、それ以外の顔全体には通常プリマを使っています。

③ティッシュで余分な油分を吸収

脂性肌(オイリー肌)の私はいつも、

化粧下地プリマヴィスタ

リキッドファンデーションを薄く塗る

気になる部分にコンシーラー

ティッシュで顔全体をおさえる

パウダーファンでを叩き込む

この方法でベースメイクをしています。

リキッドファンデーションやコンシーラーを使うと、どうしても油分が残って化粧崩れしやすい状態になってしまうのです。

そこで、リキッドファンデーションやコンシーラーをした後にティッシュ1枚を顔に置いて、手のひら全体で優しく顔を包み込むように余分な油分を吸収します。

その後、パウダーファンデーションを薄く取って顔全体に叩き込むようにしていきます。

この手順でベースメイクを行うと、脂性肌でも化粧崩れしにくいサラサラな肌に仕上がりますよ♪

脂性肌の化粧崩れしないメイク方法

化粧ブラシ, 化粧, ブラシ, 化粧品, アイシャドウ, 剛毛, 美しさ, まつげカーラー, フラットレイ

今まで、ヨレたファンデーションに溶けたマスカラを何度も化粧直ししなければいけなかった当時の私に、もっと早く教えてあげたかったメイク方法です。

私と同じ悩みをもつ方が、少しでも化粧崩れせずにメイクを楽しむ事ができたら嬉しく思います♪

コメント

タイトルとURLをコピーしました